言葉づかいがお上品なタクシー乗務員さん

この前の休みの日に、法事に出席するために自宅にタクシーを呼びました。15分かかりますと言われていたのですが、10分くらいでタクシーが来てくれました。
そのときのタクシー乗務員さんが、とても言葉づかいがていねいな方だったのです。お寺に“さん”を付けることはよくあるので驚かなかったのですが、とにかく会話に出てくるものにさんを必ずつけるのです。
話し方もゆっくりとした感じで、声色もおだやかなことこの上ありません。1時間近く乗車していたのですが、なんだかタクシーの中が春風でも吹いているかのようなさわやかな空気に包まれたのでした。
そのタクシー乗務員さんはこちらの地元出身ではなくて、社会人になったときに遠く離れたところからこちらに住み始めたとのことでした。だから法事に行くのも遠くて大変なのです、とこれまたおだやかに話してくれたのが印象的でした。