維持費がかかる不動産は売るに限る

不動産を持っていると、そのことについて忘れることがありました。それはそのままにしているからです。しかし忘れてはいけないこととして、その不動産は維持費がかかっているという事です。特に辛いのは、なんといっても固定資産税ですね。
私の場合は、二つの不動産を持っていたので何十万もそのために支払うことが必要となっていました。その都度、早く手放したいと思う気持ちが膨らむことになったのです。その思い立った時に、すぐに行動をしたら良かったのですが、いつの間にかまた一年が立っていたということになっていたのです。
そのため、これではいけないと思うようになり不動産売却を考えることにしたのです。それは、維持人して固定資産税だけではなく、毎月の光熱費等も必要となるのです。それも一年間使ってもいないのに支払うのは、とても辛い事ですね。そこで不動産売却をすることにしました。