さすがの身のこなしです

通勤するのに、電車2つを乗り継いでいます。
駅から駅、近いようで遠い、お互い連絡しあってない他社電鉄。
残業して疲れて早く帰りたいからダッシュするも、けっこう人通りのある道を通るのでなかなか切り抜けられないときも。
まぁ一本逃したところで次の10分後には電車が来るのに、目の前で逃してしまった悔しさは、アレ何なのでしょう笑
私がせっかちなだけなのか?
改めて思ったけど、駅の入り口についてから、階段がやたら多く、ホームまでけっこう時間がかかるんですよね。
まず、改札まで一苦労。
そこからまたホームまで更に階段下って踊場アーンド階段。。
階段降りてる途中で、プッシューー…
はい、目の前で行ってしまいました。
みたいな笑
乗り遅れるくらいなら、上がらん足で必死に走らなくってよかったのに…なぁんて。
そんな猛ダッシュ時に気づいたこと!
急いでるとき、階段を一段飛ばしで上がるのはまだいける私。
が、一段飛ばしで降りるのはできない!怖いです…よう降りれん。。
そんな私の横をティーンズ男子は悠々と、
かけ降りてったなぁ。
これが若さか!と思い知ったレースでした。