タクシーでのできごと

普段はなかなかタクシーを使わないのだけれど、その日は急に急いで行かなければならない場所があったのでタクシーを使うことにしました。道で手を挙げてタクシーを停めて乗り込み、行き先を告げると静かに発車しました。車内で、私は仕事の連絡をしなくてはならず忙しくしていたところを、タクシードライバーさんは気にかけてくださり、しっかり運転に専念してくださいました。途中、部下から連絡があり、あまりにものんきなことを言っていて腹が立ったところでタクシードライバーさんは大変ですね。と声をかけてくださいました。どの仕事も大変なことはあると思いますが、気にかけてくださりありがたかったです。
目的地に到着すると、私が急いで慌てていたのもあってか、建物までの間の道にある水たまりを指差して、足元にお気をつけくださいね、とお心遣いの一言までいただいてしまいました。とても配慮のあるタクシードライバーさんで、良い経験ができました。